ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2018年5月4日金曜日

久間先生による「脳と心の勉強会」に参加させていただきました。



47日・8日と久間先生による「脳と心の勉強会」が行われました。

その勉強会に実習生数名も参加させていただきました。
久間先生は脳の仕組みから、今回のテーマである、
「男性の脳と女性の脳の違い」についてのお話を、
私たちにわかりやすいようかみ砕いてお話して下さり、
そのうえで私たちの脳と心についての質問や日々起きてくる問題に対しての考え方、
成育歴と今の自分の状態の関連性などに親身になって教えて下さりました。


参加した実習生の感想文をいくつかご紹介します。


本日は貴重な時間をありがとうございました。
今回は自分の質問の
「人間の根本的な性格というものは幼いころから変わらないのか」
答えていただきました。

性格というのは「遺伝」としてあったものに
「教育」と「環境」が加わることによって成り立っていると教えていただいて、
確かに「遺伝」的な根本的な性格は変わらないが、
「教育」と「環境」で多少変わることができるということが分かりました。

水輪にいるということは、今までの性格を仕事ができるように
変えていただいているということで、ありがたい事なんだなと思いました。
ここで色々と経験をさせていただいて、良い状態で社会に復帰したいと思います。


実習生 Y.T



今日は脳のことについて色々と学ぶことができました。
脳には3層構造があり、古い脳と新しい脳があります。
人間は、新しい脳といわれる大脳が他の動物よりも発達していて、
そのおかげで本能的欲求などを抑制することができます。
例えば自己中心的であったり、思いやりがなかったり、
そういうことも今回の話の中では、大脳が未発達ということでした。

日頃私達が目指している人間的成長というのは、
大脳をより発達させ人間らしくなるということでもあるのだなという風に思いました。
脳を育てるためには、自分の意志で動くということがとても大切なようです。

常々リーダーから指示をうけて動くことが大半ですが、
その中でも「言われたからやる」のではなく、
そこからどこまで行動を自分の意志で行えるかが大切なのだと思いました。
そのようなことを意志して、これから実習に取り組みたいです。


実習生 Y.T